ヨガ ピラティス 違い

ヨガとピラティスはどんな違いがあるの?

イメージ01ピラティスとヨガは、似たようなものと思われているかもしれませんが、多くの点でポイントが違っています。

 

ヨガは精神的にリラックスし身体をストレッチすることに重点が置かれているのに対して、ピラティスは体作りに重点が置かれています。体の奥の筋肉であるインナーマッスルを鍛え、骨から矯正して正しく効率的な身体をつくることに重点が置かれています。   

 

呼吸法にも違いがあります。ヨガは腹式呼吸によって副交感神経を活性化させリラックスします。それに対しピラティスは、胸式呼吸により交感神経を働かせ、筋肉を活性化させることにより頭をスッキリさせていきます。

 

そのほかに、ヨガはポーズを行ったらそのまま静止しますがピラティスは常に体を動かしていること、ヨガは器具を使わないがピラティスは器具を使うこともあること、ヨガはインド発祥で精神修行の側面から生まれたがピラティスはリハビリ目的で生まれたトレーニング方法だということ、などの違いがあります。

 

ピラティスは、ウェイトトレーニングとしての筋肉の緊張をもたらすのと同時に、ヨガのストレッチ効果ももたらすものです。特に筋肉の中でも様々な利点のあるインナーマッスルを効果的に鍛えることのできる方法です。